不倫がばれる時

離婚の弁護士費用の相場

不貞行為 ライン不貞行為の基準

離婚がうまく進まない時、必要になるのが調停離婚です。
調停離婚になると自分だけですべてを終わらせるというのは無謀なほど膨大な手続きが待っています。
また知識が無いと後々、大損をしたというケースもあります。
そのため調停離婚、離婚裁判の時には弁護士に依頼するのが一般的です。
では弁護士に離婚調停を任せた場合、どれだけの費用がかかるのでしょうか。
2020年の全国のアンケートの結果では離婚調停を弁護士に任せた場合の費用の総額は平均58万円に上ると言います。
一般的に着手金が30万円、報酬金30万円+経済的利益10%が基準になるようです。
財産分与、慰謝料、養育費、親権の有無で追加として着手金や報酬金が発生するケースもあるようですので、金額は大幅に違ってくるようです。
また地域によっても金額は差があり、一番高いのは東京で、逆に一番安いのが仙台になっています。
相談する弁護士事務所によっても費用は変わってきます。
もし離婚調停を意識したらいろいろと調べてみるとよいでしょう。

不倫がばれて後悔しています : 保育園の先生が不倫しているという噂 : 離婚の弁護士費用の相場